明治より伝統の技を伝える京都・伏見の瓦屋、瓦熊です。常にお客様より信頼頂ける工事を心がけています。屋根工事のことなら何でも瓦熊にご相談ください!

 

★長期のアフターサービス(新築、葺替えは20年保証致します※天災は除く。

★雨漏り修理、漆喰の補修など、簡単な修理もお任せ下さい。(¥10,000~)

★お見積り、瓦の点検は無料(お客様の立場で御提案させて頂きます!)

★瓦工事以外は優良業者を御紹介させて頂きます。

★当社の専属職人が施工いたします。

★押し売りは一切いたしません。

★施工方法は全日本瓦工事業連盟ガイドライン(耐震工法)を採用。

 


 

<主な屋根材>


●日本瓦

1400年の期間、日本の気候風土に順応しながら培われてきた歴史のある瓦で、純粋の粘土によって形成されている。近年の新しい屋根材に比べ、重量はあるが、長期間対応し、また、粘土の特性で、夏の暑さや冬の寒さを緩和し、室内を快適な状態にしてくれる。主な生産地は、淡路島、三州(愛知県)、石州(島根県)で瓦の三大産地と言われている。

 

山田邸①和風いぶし瓦 ¥10,000~(1㎡当り)
40年~80年耐用 重量160~300kg(1坪当り)
断熱性・防水性・通気性・遮音性 → 屋根材では最も優れている
長期経済性 → 初期費用は要するが、長期的には最も経済的な屋根材である

和型いぶし瓦a_maru05

 

 

 

・和風陶器瓦 ¥9,500~(1㎡当り)
30年~50年耐用 重量160~300kg(1坪当り)
断熱性・防水性・通気性・遮音性 → 非常に優れている
長期経済性 →  大変優れている

和型銀黒和型シルバー和型青緑和型チョコ

陶器瓦を釉薬瓦ともいい、粘土瓦の一種です。粘土を瓦の形にかたどったものの上に釉薬(うわ薬)をかけて、窯の中に入れて高温で焼き上げた瓦のことをさします。

 

 


●洋風瓦

近年の洋風の建物にマッチした瓦。和風瓦の特徴と同じで焼き物の瓦。違いは形状だけで、和風瓦に比べ、施工期間も短く、低コスト。

・洋風平板瓦 ¥6,500~(1㎡当り)
30年~50年耐用 重量160kg(1坪当り)
断熱性・防水性・通気性・遮音性 → ◎ 非常に優れている
長期経済性 →  大変優れている 

 

平板②

セラユーブラウンセラユー黒セラユーグリーン セラユー新銀セラユープロバンス

 

 

 


●軽量屋根材

屋根瓦の素材としては最も格安。スレート系の素材を使用し、日本瓦や平板瓦に比べ、薄く、軽量性をアピールした屋根材。耐用年数は10~15年程度での葺き替えが一般的。

・カラーベスト ¥5,000~(1㎡当り)
10年~15年耐用 重量60kg(1坪当り)
断熱性・防水性・通気性・遮音性 → 焼き物の瓦などに比べ劣る
長期経済性 → ×  初期費用は少ないが、塗装や短期間での葺き替えを要する

ベスト施工例

 

ベスト黒 ベストレッド ベストブラウン ベストグリーン

 

※通常のカラーベストより、分厚め(6㎜厚)の商品もあり、耐用年数を更にアップさせることができます。 (通常のカラーベストの厚さは.5.2㎜です)

・厚めのカラーベスト ¥6,000~(1㎡当り)
15年~25年耐用 重量80kg(1坪当り)
断熱性・防水性・通気性・遮音性 → △  焼き物の瓦などに比べ劣る
長期経済性 → △ 薄いカラーベストよりも5割程度耐久性が向上する

KLNR752G_1_I_72KLNR721G_2_I_72NP975G_72NP923G_72

 

 


slide3●新素材屋根

屋根材としての重厚感を保ちながらも、一般的な日本瓦の半分程度の軽さが特徴。また、軽量にもかかわらず、素材そのものが粘り強くて割れにくく弾力性がある。既存のスレート系の屋根材からの葺き替えの場合は、重ね葺きができる為、撤去費を抑えることができる。

※状態により重ね葺きができない場合もあります)

 

・ルーガ ¥10,000~(1㎡当り)
20年~30年耐用 重量70~80kg(1坪当り)
断熱性・防水性・通気性・遮音性 → %e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%ac
長期経済性 → △  

 

%e9%89%84%e5%b9%b3

 

 

 

 

 

(注記)

上記記載の耐用年数・断熱性・防水性、通気性、遮音性、長期経済性などの評価はあくまで参考です。気候状況などにより変動することがありますので、その点は、ご了承ください。

 

 

PAGETOP
Copyright 2015 Kawarakuma All Rights Reserved