屋根の葺き替え工事の場合は、瓦だけの工事で済む場合もありますが、野地板など、瓦の土台となる下地の状態の善し悪しによって、瓦工事以外の木工工事を要する場合があります。

建物も長年の年数を経過しますと、歪みや傾き、さらに木材の変形など、様々な要因によって、新築時の状態と違った変化が生じます。

最近は、土を置かない瓦葺き(空葺き)が主流になっていますので、野地板に不陸が生じたりしていると、きれいに瓦が葺けません。

以下の写真は、古瓦をめくった下地の状態です。こういう状態であれば、ある程度の補修をしなくては、瓦を葺くことができません。

特に、雨漏りなどを長年、放置していたりしますと、木が腐ったりしますので、野地板だけでなく、垂木、母屋、棟木などにまで改修を要する場合がありますので、注意が必要です。

 005014

DSC_1326