明治より伝統の技を伝える京都・伏見の瓦屋、瓦熊です。常にお客様より信頼頂ける工事を心がけています。屋根工事のことなら何でも瓦熊にご相談ください!

瓦熊について

  • HOME »
  • 瓦熊について

京瓦のあゆみにある通り、瓦は古代から近畿を中心として発展してまいりました。

当社も明治42年瓦師であった初代が新しい土地(向日市寺戸町)を求め、創業いたしました。
初代は伝統の技術を守り小さいながらも業績を伸ばし続け、二代久次郎、三代熊三郎とさらに事業を拡大し、昭和25年12月、株式組織に変更し戦後の住宅復旧に鋭意協力をしてまいりました。

故石井熊三郎はその業界に対する功績等を認められ、昭和31年4月黄綬褒章を授与いたしました。
この熊三郎の瓦に対するたゆまぬ研究努力はまことに敬意を表するものと信じ、以後全従業員一丸となり研鑽しております。

昭和44年~45年ごろから町の発展とともに公害問題が起こり、公害防止のため種々研究、また視察をしてまいったのでありますが、これといった公害防止の決め手もなく、いろいろ考えたあげく、京瓦の歴史(伝統)を維持し発展させるために新天地を求め企業の合理化を行うとともに新しい歴史に向かって出発することを決意。業界の中でも新規投資するには釉薬瓦工場へとその数も急速に増加していきましたが、私たちはなんといっても古代からのいぶし銀に輝く瓦の魅力からは離れられませんでした。
そこで、昭和49年9月、総工費4億円を投じ、いぶし瓦の業界ではトップをいく生産工場を伏見区羽束師に完成したのであります。

後に、奈良東大寺の屋根瓦、昭和大修復工事に引き続き、昭和57年から行われた京都西本願寺本堂の大修復工事に瓦熊のいぶし瓦が使用され、偉容を誇っております。現在は、本願寺大師堂の巴瓦製造を最後とし、工場を閉鎖し瓦施工と販売に業態を変更しておりますが、「お客様に喜ばれる仕事」を信条に今後も努力してまいります。

皆様の御愛顧を賜りますのと共に、末永く御指導、御鞭撻下さいますことを全社員一同、心よりお願い申し上げます。

photo1

会社概要
商号 株式会社 瓦熊
所在地    京都市伏見区羽束師菱川町671                
TEL:075-921-2148FAX:075-933-6969
代表取締役社長 石井 秀夫
創業 明治42年
法人設立 昭和54年11月
資本金 4000万円
従業員 10名
ホームページアドレス / メールアドレス http://www.kawarakuma.com/        yane@kawarakuma.com
主たる事業 瓦の施工及び販売
加盟団体 京都府文化財保護課、京都府瓦工事協同組合、全日本瓦工事業連盟
関連会社 近畿セラミックス株式会社(TEL:0799-64-0631)

瓦組合

 map

 

 

沿革

明治42年4月

創業、初代石井熊次郎、瓦製造を始める

大正13年3月

荒地出機および動力プレスを購入窯3基となる

昭和6年10月

荷役サービスのため貨物自動車を導入

昭和18年3月

戦争のため瓦製造を中止し耐火器、耐火練瓦の製造を行う

昭和21年12月

二枚合わせ平板瓦の特許権を得る

昭和22年

京都工芸繊維大学寺田教授の指導下にて倒焔窯の研究を始める

昭和25年12月

通産省工業技術院より窯の研究に対して補助金を受ける。

個人組織より株式組織に変更、初代社長に石井熊三郎、資本金65万円

昭和30年8月

真空土練機を購入

昭和31年4月

石井熊三郎、黄綬褒章の栄に浴する

昭和31年5月

全日本粘土瓦振興展示会にて業界最高の文化財保護委員長賞を受ける

昭和31年10月

石井式半倒焔窯の特許権を得る

昭和34年1月

中小企業庁より合理化モデル工場の指定を受ける

昭和36年5月

兵庫県淡路島にて地元有力者と共同で釉薬瓦工場近畿窯業株式会社を設立

昭和41年5月

トンネル窯による「いぶし瓦」焼成の研究を始める

昭和46年12月

撹拌機付土練機の特許権を得る

昭和48年4月

伏見工場建設開始

昭和49年7月

資本金4000万円に増資

昭和49年8月

伏見工場完成、創業開始

昭和54年11月

社名変更 株式会社 瓦熊

平成5年3月

石井秀夫、代表取締役に就任、同時に石井準一郎が会長に就任

平成7年3月

石井準一郎「勲五等瑞宝章」を叙勲する

平成13年2月

本願寺大師堂巴瓦製造を最後に工場閉鎖、工事専業に業態を変更

平成13年10月

新社屋完成、移転、現在に至る

お見積り、ご相談は大歓迎
お問い合わせはお気軽に!
TEL 075-921-2148 営業時間 7:00~18:00
yane@kawarakuma.com

PAGETOP
Copyright 2015 Kawarakuma All Rights Reserved