明治より伝統の技を伝える京都・伏見の瓦屋、瓦熊です。常にお客様より信頼頂ける工事を心がけています。屋根工事のことなら何でも瓦熊にご相談ください

断熱性は群を抜く

屋根は夏の高温と冬の寒気の影響を最も受けやすい部分です。

昔の家は、瓦葺きの場合、できるだけたくさんの土を入れていました。建物自体も太い梁や柱が使われていましたから、それだけの重量にも耐えうるものでした。
蔵の建物の中は、ひんやりとしていますが、それは、建物自体が土に覆われているからです。瓦の下には相当な量の土が入れてありますし、壁にも分厚く土がこめられ外部は漆喰で仕上げられています。
土の中の温度変化は 1 年を通して変動が小さいのと同じように、蔵の中も同じようなことが言えます。ですから、夏は涼しく、冬は暖かく感じるわけです。

瓦は土を練り上げて焼き上げたものですから、そういった役割を果たします。

化粧スレートやセメント系の屋根材では、その働きは出来ません。室内の温度が低く保たれれば、クーラーの電気代だって節約できますし、省エネ効果が高まります。

ご相談・お問い合わせはお気軽に
TEL 075-921-2148
yane@kawarakuma.com
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]
>株式会社 瓦熊

株式会社 瓦熊

京都市伏見区羽束師菱川町671

TEL:075-921-2148
FAX:075-933-6969

加盟団体
京都府文化財保護課
京都府瓦工事協同組合
全日本瓦工事業連盟

CTR IMG