明治より伝統の技を伝える京都・伏見の瓦屋、瓦熊です。常にお客様より信頼頂ける工事を心がけています。屋根工事のことなら何でも瓦熊にご相談ください

訪問業者には要注意

一時、ラバー工法が流行りました。

これは、瓦のズレを接着剤で留めるものです。訪問販売が主とした営業形態で、
「お宅の瓦がズレてます」とか
「近くで工事を行っている者ですが、無料で瓦の点検をしてあげます」
等と言って、屋根に上がり、「このままでは、雨漏りになりますから今すぐ補修をしないとヒドイことになりますよ…」などと不安がらせて受注しようとするものです。

いわゆる悪徳商法で、結構、高額な金額です。ひどいお宅では、瓦を新しく葺き替えた金額よりもはるかに多くの額を支払っている方もおられました。

ラバー工法自体は、上手く考えられた工法だと思います

しかし、元来の瓦業者が施工するなら良いのですが、瓦専門外の業者がすると、雨漏りの原因を修正しないまま、接着剤で留めてしまっている場合があります。その為、その後から、また雨漏りがしてくる場合がよくあります。
通常は、瓦の中に雨が入っても、水が外へ逃げるように施工します。しかし、水が外へ逃げるのを妨げるような留め方をするものですから、当然、水は内側に入っていき雨漏りの原因になってしまいます。

屋根工事だけでなく、家に関する工事は、地元で信用できる業者に頼むのが良いと思います。

ご相談・お問い合わせはお気軽に
TEL 075-921-2148
yane@kawarakuma.com
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]
>株式会社 瓦熊

株式会社 瓦熊

京都市伏見区羽束師菱川町671

TEL:075-921-2148
FAX:075-933-6969

加盟団体
京都府文化財保護課
京都府瓦工事協同組合
全日本瓦工事業連盟

CTR IMG