明治より伝統の技を伝える京都・伏見の瓦屋、瓦熊です。常にお客様より信頼頂ける工事を心がけています。屋根工事のことなら何でも瓦熊にご相談ください

野地板なども考慮すべき

屋根の葺き替え工事の場合は、瓦だけの工事で済む場合もありますが、野地板など、瓦の土台となる下地の状態の善し悪しによって、瓦工事以外の木工工事を要する場合があります。

建物も長年の年数を経過しますと、歪みや傾き、さらに木材の変形や破損など、様々な要因によって、新築時の状態と違った変化が生じます。

近年は、土を置かない瓦葺き(空葺き)が主流になっていますので、野地板に不陸が生じたりしていると、瓦の線に凸凹が生じ綺麗に瓦が葺けません。

以下の写真は、古瓦をめくった下地の状態です。こういう状態であれば、野地の補修をしなくては、瓦を葺くことができません。

特に、雨漏りなどを長年、放置していたりしますと、木が腐ったりしていますので、野地板だけでなく、垂木(たるき)、母屋(もや)、棟木(むなぎ)等にまで改修を要する場合があり、費用負担も増えますので、注意が必要です。

(野地板が割れたり隙間がある状態)              (棟木が腐っている状態)

 

(野地板を設置する前の状態)           (新たに野地板を設置した状態)

ご相談・お問い合わせはお気軽に
TEL 075-921-2148
yane@kawarakuma.com
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]
>株式会社 瓦熊

株式会社 瓦熊

京都市伏見区羽束師菱川町671

TEL:075-921-2148
FAX:075-933-6969

加盟団体
京都府文化財保護課
京都府瓦工事協同組合
全日本瓦工事業連盟

CTR IMG